クロスカンパニーも性別問わず楽しめる!|ファッション極み術

ブーツ

サイズに注意をする

年齢に関係なくおしゃれが楽しめる

普段はショートヘアまたはロングヘアーの人がヘアスタイルを変えて、イメージチェンジしてみたい時にフルウィッグを使うと便利です。フルウィッグの使用目的の多くが、何らかの疾病や頭部の手術などの後に使用されることが主流であった時には価格も大変に高価でした。 しかし、近年ではフルウィッグを使っておしゃれを楽しむ傾向が定着して来たため、メーカーも日本国内に限らず海外からの輸入品も加わり1つの単価が以前よりも安価な物が増えました。長さや色も豊富であり、年齢に関係なくファッションの小道具の1つとして浸透しています。もちろん、現在でも素材により高価なフルウィッグも販売されています。特別注文などの場合なども既製品よりは割高になります。

フルウィッグを選ぶ時には

フルウィッグを選ぶ時に気をつけたいことにサイズ選びがあります。頭の周囲や額から後頭部を正確に採寸してからフルウィッグのサイズ表と併せて選ぶことが懸命です。現物を手に取って試着が出来れば一番良いのですが、通販などで購入する時のように現物が確かめられない場合、サイズがSMLとだけ書いてある物などは寸法を確認して見るとよいでしょう。せっかく購入して着けてみたら、小さくて頭が入らなかったという場合もあります。 また、小さいフルウィッグを無理に装着していると、頭痛を起こしてしまうこともあります。ロングヘアの人がフルウィッグを購入する場合は、頭の大きさの他に髪の毛の入る分を計算に入れて実際よりも少し大きめのサイズの方が良いと言えます。中にひもやバンドで調節できるタイプもあり、それらはある程度のサイズ調節が行えます。